悩める年齢からくる脱毛対策に

悩める年齢からくる脱毛対策に

 

髪の毛にははだなどと同じように年齢による劣化というものがあります。
年を取るだけで髪の衰え、つまり抜けていってしまうんですね。

 

 

この年齢の変化、つまりエイジングケアをできる育毛剤というのも存在するんです。
いろいろと販売はされてるんですがその中でもこの孤児ではルプルプという育毛剤に注目していきます。
これは医薬部外品ということで効果の信頼性も厚いです。

 

独自の成分を使用

このルプルプというのはエイジングケアということで独自の成分を使用しています。
それがフコダインというもの。

 

このフコダインは神の成長というよりかは保湿という部分に焦点を当てました。
このフコダインは保湿に関してはかなり効果が高いものの、髪の毛や頭皮に浸透しにくいというデメリットがあったんです。
それをどうしたら解決できるか、この効果の高い成分を余すことなく使えるかルプルプは考えました。

 

その結果たどり着いたのが成分を小さくすること!

 

限りなく小さくすることで浸透しやすくしたのです。
肌にこういった液体が浸透する仕組みとしては毛穴などから入っていく、というものなんです。
だから分子の大きい水は頭皮の中などには浸透しないんです。

 

手を洗ってもその水が吸収されるっていうことはないですよね?
それと同じ現象です。

 

ルプルプではこのフコダインの分子を小さくしてより肌にしみこみやすくしたんです。
単純な仕組みなんですがなかなか行ってるところはないんですよ。

 

高分子で閉じ込め

ルプルプは育毛成分の分子を小さくして肌にしみこませる、ということを話しました。
それだけでも十分効果はあるんですがそれと合わせて閉じ込める、ということも行ってるんです。

 

肌の表面でしみこんだ成分が出てこないように閉じ込めることはかなり効果的なんです。
そのためにルプルプは新しい成分で閉じ込めをするんじゃなくて、フコダインを再活用しました。
低分子化したフコダインを逆に大きく、つまり高分子にするんです。
ルプルプの口コミとその言葉

 

大きくしたフコダインで蓋をしてしまうんですね。
そうすることで効率よく、無駄なお金をかける必要なく保湿できるわけです。
ルプルプは同じ成分を低分子、高分子の両方に変えることができる育毛剤なんです。

 

トリートメントなども

公式サイトを見るとわかりますがこの販売会社はシャンプーやトリートメントなども同時に販売してるんです。
育毛剤などを使うとそれらの愛称も考えないといけないんですが同じ販売会社なら安心ですよね。

 

何を買おうかな、これから一から始めていきたいな、という人は一式購入してみてもいいんじゃないでしょうか。
よかったらいろいろとみてみてくださいね。